個人輸入

ラルフローレンの個人輸入はブラックフライデーを狙え!が合言葉とは思いますが、その時にメルマガで配られるクーポンについて最新版のまとめを今回お届けします。
ブラックフライデーをさらにお得にするラルフローレンのお得なクーポンですが、毎年微妙に内容が変わっています、2018年ブラックフライデーに向けて、最新版2017年に配られたクーポンがどんな割引率でいつ配られたのかまとめます。

参照記事)ラルフの個人輸入はプレブラックフライデーを狙え
参照記事)ラルフローレン個人輸入体験記

スポンサーリンク


2017年のブラックフライデー周辺でラルフの公式サイトから来たクーポンを集めてみました。メールマガジン登録をしていると送られてくるクーポンコードです。
時系列にまとめてみました。(現地アメリカ時間でなく日本時間で書いています)
☆2017年は11月24日金曜がブラックフライデーでした。第4木曜の次の金曜がブラックフライデーです。

11月9日木曜 午後10時 Extra 25%割引(select sale styles)
     2016年より早く送られて来たと思います。
     ただしfall saleという名目でブラックフライデー関連ではありませんでした。

11月15日水曜 午後10時 Extra 30%割引(select sale styles)
     UP to 40% offでしたので、元々セールの品もありました。
     選ばれた品物のみ30%追加オフになりました。

11月23日水曜 午後10時 Extra 40%割引(ただし125ドル以上で適用)
     ようやく全品対象になりました。
       
11月24日ブラックフライデー
11月25日土曜 午後10時 Take30%割引 Weekend Event(全品)(ただし100ドル以上で適用)
      2016年は配送料無料というのがあったりしたのですが今年は無かったようです。

11月27日月曜 午後10時 Five Days of cheer Take30%割引(ただし125ドル以上で適用)
    11月29日水曜 午後10時 この日一日のみ選ばれたギフト商品も30%オフ
    11月30日木曜 午後10時 この日一日のみ選ばれたエッセンシャル商品も30%オフ

12月1日金曜 午後10時 Extra 40%割引(select sale styles)
    さらにセール全体が最大50%オフに引き上げ

12月2日土曜 午後10時 Extra 40%割引(全品適用。ただし125ドル以上購入必要)

12月5日火曜 午前2時 Designer sale 開始 (select sale styles)
            Collection、Purple label、Double RLが対象

12月7日木曜 午前0時 ホリデーギフト30%オフ

こんな感じで2017年はクーポンが送られてきました。
2016年のクーポンよりかなり厳しい感じでした。スタートもゆるかったし配送料無料クーポンも無かったです。毎年厳しくなる一方と2018年ブラックフライデーも戦々恐々としますね。
クーポンといっても、結局オンラインサイトを見るとクーポンコードが誰でも見られるようになっているので、メルマガに登録しなくても使えます。でもいつからどんな割引になるか確実に知るためにはメルマガ登録をお勧めします。
あと、前年度も書きましたがエアーショッピングとしてサインインした状態で商品をカートに入れておくと、買い忘れてないですか?というメールが届くような仕組みもあります。ラルフのカート内保存期間は結構長いのでこれが便利です。
というのも割引が始まる前にカートに入れておくと、どの商品がどれくらい安くなってるかとかをチェックしやすいためです。是非この裏技をおすすめします。

というわけでラルフローレンアメリカサイトのブラックフライデー割引クーポンについてまとめでした。
結局どこが一番いいタイミングかは在庫との勝負になりますので、それぞれの判断だと思います。

米国ラルフローレン公式サイト

参照記事)ラルフの個人輸入はプレブラックフライデーを狙え
参照記事)ラルフローレン個人輸入体験記

個人輸入代表のGAPですが、日本で買えなかったマタニティラインがついに日本でも発売になりました! これで個人輸入する必要なくなったんじゃ?と思うかもしれませんが、まだまだ個人輸入した方が安いし、種類やサイズの幅が広いので需要はあると思います。
※ご注意※
2017年2月20日現在、店舗でマタニティラインの取り扱いがあるのか確認できず(すべてのマタニティアイテムがオンライン限定と書かれています)、ですので店舗には無いのかもしれません。


GAPマタニティライン(日本公式サイト)

とりあえずこの記事では日本とアメリカのGAPマタニティラインの違いを取りあげてみたいと思います。


☆ その1 サイズ展開が違う ☆

GAPアメリカ
 XS~XXL
GAP日本
 XXS~XL

やはりこの辺は体格の違いもあってアメリカが大きいサイズまで展開しているのと、日本だと小さいサイズが展開していますね。なので体格の大きい方はアメリカサイトで買うという選択肢もありかなと思います。


☆ 扱っているアイテム数が違う ☆

授乳ブラや授乳ワンピースナイティなどは日本サイトに今のところ扱いが無いようです。
デニムも日本はかなり本数は限られています。
マタニティラインもアイテム数はまだ日本の方が少ないようです。


☆ 値段が違う ☆
もちろんアメリカと日本の違いですから値段は違います。

1例として、私がいいなと思ったスキニージーンズについてみてみます。
スキニージーンズ 日本   税込  8900円
            アメリカ 税抜 74.95ドル 
1ドル113円くらいですので約8500円くらいであまり日米変わらない印象です。為替手数料など考えると逆に日本が安いかもしれません。
店舗に行くとタイムセールや2点以上買うと何%オフとかしょっちゅうやっているGAPなので店舗での取り扱いがあるなら、マタニティラインも安く買えそうですね。セール除外品になってなければいいですが。

そして今現在マタニティ商品全品送料無料のセールをオンラインでやっています!
人と違うマタニティグッズをゲットするチャンスです。

GAPマタニティライン(日本公式サイト)

残念ながらタイムセールの35%オフからはマタニティ除外のようですのでお気を付け下さい。

まだまだやはりアメリカから個人輸入するチャンスは残っていそうですね。生まれてくるベビー用の服と自分用のマタニティ&授乳服をゲットしてみてください。

参考記事)GAPからの個人輸入


個人輸入でこのブログに来られる方も多くなったようなので、もう1度おさらいの意味で最新情報をアップします。
アメリカから個人輸入をする際におすすめのブランドを紹介します。今回はGAP、系列のオールドネイビーです。日本への直接配送が可能です!


●おすすめ子ども服ブランド(アメリカ版 その1)●
今回はGAP、GAP系列のオールドネイビー old navy、子ども服はありませんが同系列のバナナリパブリック Banana republic、ATHLETA(ヨガ・フィットネス服、ガールズあり)についてご紹介します。この4ブランドはオンラインで買い物をすると一つにまとめて決済や配送を行ってくれる、かつ米国内配送料無料も4ブランドの合計でいいので、子供服ついでに大人服もゲットしやすいサイトです。
そしてもっともオススメはGAPマタニティです。
カジュアル可愛いマタニティドレスや授乳服などを売っています。人と被る事があまりないので、オシャレにこだわる方に超オススメです。

◎ギャップ GAP (日本への直接配達:可能!)
Baby Gap Gap Kids
言わずとしれたギャップです。

日本でもオンラインショップが出来、実店舗も多いですのでそうそうアメリカから輸入することはないんじゃない?とか思うかもしれませんが、アメリカだけ発売の商品で可愛いものが多くてサイトを見ているだけでテンションがあがります。
配送料は日本に直接だともちろんかかりますが、米国内はある程度買えばただなので、他のブランドも買うなら敢えて転送業者さんを利用するという手もあります。あと、セール以外でもメールマガジンに登録しておくと結構40%オフとかのクーポンコードとかがあるため、かなりお得に買えます。ただ、国際配送だと値段設定が多少違ってくる場合があるようなので、割引率はやはり一番米国内配送がお得です。
そして、GAPマタニティですがカジュアル可愛いマタニティ服なのでお洒落な方におすすめです。

オールドネイビー old navy
日本から撤退してしまったオールドネイビーもここなら買えますよ。撤退悲しい! オープンの時にお台場行ったのに…
こんな可愛らしい服があるんですよ。


男の子用でもちょっとひねりの効いたTシャツとかあって楽しかったのに。でもまだ米国内では買えますから個人輸入にぴったりなブランドですね。

BANANA REPUBLIC バナリパ
バナリパは子供服はありませんが男女服は充実しています。バナリパも日本サイトがありますが、ここでのオススメは日本で買えないプチサイズです。日本で展開しているよりさらに小さいサイズを買えますので細身で小柄な方にオススメです。
BANANA REPUBLIC プチサイズ


ATHLETA(オススメ!)
ヨガやフィットネス用のGAP系列ブランドです。GAPフィットより少しファッション性を高めたブランドという位置付けだと思います。日本の楽天とかで検索しても別ブランドが出てくるくらいに認知度は低いのですが、ATHLETAの女の子用服がとても可愛いのです。フィットネス用というより普段使いにピッタリでお母さんとお揃いとかかわいすぎます。
ATHLETA GIRL
もちろん日本で被ることもなさそうなので、ジム用の服など調達するのにいいと思います。


というわけでGAP系列の個人輸入にオススメ4ブランドの紹介でした。


●(参照)転送業者について●
以前はアメリカサイト送ってくれなかったアメリカサイトで買い物した場合、日本には送ってくれないブランドがあります。
そういう時には転送業者を利用します。今回のGAPでは国際配送してくれるようになってますが以前はダメだったと思います。
私が今回利用したのは、USAでお買い物さんです。
一番安ければ転送手数料(送料とは別にいる手数料の事)が9ドルですみます。
他に有名なのはスピアネットさんです。ここも手数料最安は9ドルです。

両社が利用されることが多い2社かと思います。どうしてかというと、両社とも会社がオレゴン州にあるからです。オレゴン州はアメリカの中で消費税がゼロである州のひとつです。
アメリカは消費税が州によって違うのでニューヨークに送ってもらうのとオレゴンに送ってもらうのでは支払う総額が違ってきます。高いところだと商品代金プラス8%くらいです。
オレゴンはカリフォルニア州の隣なので日本から比較的近いので配送料も抑えられます。
というわけでUSAでお買い物スピアネット2社が日本語が使えてわかりやすい転送業者だと思います。もっと手数料の安い、shipitoがあります。ただし複数ブランドからの買い物をまとめて送ってもらうには年会費か月会費などを払う必要があります。

ラルフローレンの個人輸入について以前クーポンなどのお話をしました。そこで今回は、ブラックフライデーをさらにお得にするラルフローレンのお得なクーポンについてまとめを書いてみます。

参照記事)ラルフの個人輸入はプレブラックフライデーを狙え
参照記事)ラルフローレン個人輸入体験記

スポンサーリンク




style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-7756670022735553"
data-ad-slot="3422139425">


2016年のブラックフライデー周辺でラルフの公式サイトから来たクーポンを集めてみました。メールマガジン登録をしていると送られてくるクーポンコードです。
時系列にまとめてみました。(現地アメリカ時間でなく日本時間で書いています)
☆この年は11月25日金曜がブラックフライデーでした。

11月17日木曜 午前0時 Extra 25%割引(select sale styles)+配送料無料 
          Thanksgiving sale自体はもともと最大60%オフ

11月20日日曜 午後10時 Extra 30%割引(select sale styles)+配送料無料

11月24日木曜 午後10時 Weekend Event(全品)+配送料無料
        ・125ドル以上購入で35ドル割引  ・250ドル以上購入で85ドル割引
        ・500ドル以上購入で200ドル割引  ・750ドル以上購入で325ドル割引

11月25日ブラックフライデー
11月25日金曜 午前7時 Designer sale 決められたレーベルが40%オフ+配送料無料
         ラルフローレンのCollection、Purple Label、RRLのselect stylesのみ40%オフ

11月28日月曜 午後10時 5日間 CHEERクーポン
         125ドル以上購入の時40%オフ+配送料無料

12月2日金曜 午後10時 CHEERクーポン
          さらに40%オフ さらにセール全体が最大65%オフに引き上げ+配送料無料

12月3日土曜 午後10時 12/6まで使える40%オフクーポン(ただし125ドル以上購入必要)+配送料無料

12月7日水曜 午後10時 ギフトスタイルが40%オフ+配送料無料
            ギフトスタイルとはラルフ指定のギフトに向いている商品です


こんな感じでクーポンが送られてきました。クーポンといっても、結局オンラインサイトを見るとクーポンコードが誰でも見られるようになっているので、メルマガに登録しなくても使えます。でもいつからどんな割引になるか確実に知るためにはメルマガ登録をお勧めします。
あと、エアーショッピングとしてサインインした状態で商品をカートに入れておくと、買い忘れてないですか?というメールが届くような仕組みもあります。ラルフのカート内保存期間は結構長いのでこれが便利です。
というのも割引が始まる前にカートに入れておくと、どの商品がどれくらい安くなってるかとかをチェックしやすいためです。是非この裏技をおすすめします。

というわけでラルフローレンアメリカサイトのブラックフライデー割引クーポンについてまとめでした。
結局どこが一番いいタイミングかは在庫との勝負になりますので、それぞれの判断だと思います。ただ言えるのはweekendクーポンあたりまで待てると確実に全品さらにオフになるので、そこが狙い目ですね。

参照記事)ラルフの個人輸入はプレブラックフライデーを狙え
参照記事)ラルフローレン個人輸入体験記

ラルフローレン個人輸入についてご質問メッセージを頂きましたので解説します。なおこ様ご質問ありがとうございます。(直接メールして良かったのか不明であったため、こちらで回答させてください)

スポンサーリンク




style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-7756670022735553"
data-ad-slot="3422139425">



Q:ラルフローレンの個人輸入はいつが買い時?

A:プレブラックフライデーがお得!

 プレブラックフライデーはブランドにもよりますがブラックフライデーの直前1週間程度になります。
 ちなみに2015年で私がプレブラックフライデーで欠品なく買えたな…と思って実際買ったのはブラックフライデーの3日前でした。


<ブラックフライデーとは>
おさらいになりますが、11月第4週の金曜日になります。正確には第4木曜の次の金曜になりますので、11月1日が金曜の場合は違いますのでご注意を。
今年は11月25日になりますね。そして、現地時間との時差もお気を付けください!

ちなみにラルフローレンのアメリカサイトでメルマガが来ている方は、直近では色んなオフが出来るよーというクーポンコードがついたメールが届いていると思います。
でもちょっと待ってください。今はまだ全品が値引きされるクーポンではないはずです。select sale stylesと書かれている間はまだ待っている方が賢明です。そのうち、何ドル買ったら何ドル割引しますというクーポンがおそらく来るはずです。もしくは全品何%オフになりますよ的なものも来るか、プレブラックフライデーといったタイトルでメールが来るはずなのでそこまで待った方がお得になります。(ただし毎年来るかは確実性はありませんのでご容赦を)

ラルフローレン公式サイト

でも問題は前にも書きましたが、待っていると品切れがかなり出てきて自分の欲しいものがうまく買えなくなります。
そこでもし、転送業者を用いるならば、どの転送業者さんも大体30日間くらいは荷物を預かってくれるので、先に欲しいものは確実にオーダーして転送業者に送っておきます。そして、さらに値引きが始まったら再び欲しいものをオーダーするという手があります。
この場合、荷物が2個になるので、転送業者さんに払う手数料が若干上がりますが、そこはどれくらい我慢できるか自分との相談になります。
もし品切れして超くやしーという事になったら嫌だなと思ったら、素直に転送業者さんに手数料を払ってでも確実に今頃からオーダーしておくべきです。
今からオーダーしても、日本で買うよりかはずっとお得になります。

今年ももうすぐプレブラックフライデーですね。楽しみです!
私は去年買い込み過ぎたので、エアショッピングするにとどめる予定ですが、見てるうちに欲しくなってしまうかもしれません…がたぶる…


とりあえずなおこ様への回答として簡単ながら書いてみましたが、またご質問がありましたら他の方も含めてコメントかメッセージでいつでもご連絡ください。

2016年はアメリカからラルフローレン個人輸入を初めてされる方にお勧めの年です!
なんといっても円高ですよね!今年は去年の11月と比べて円高なのでアメリカからの個人輸入のねらい目年ですね。
去年11月の円相場が1ドル120円くらいで、今年は1ドル100円前後ですので20円近くお得です。
代行業者さんにお支払いする分くらいは元がとれそうです。うしし。

というわけで、改めてラルフローレン個人輸入のおさらいです。

スポンサーリンク




style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-7756670022735553"
data-ad-slot="3422139425">


まず個人的にアメリカから輸入するには2つの方法があります。

1つめ;日本まで届けてくれるサイトで直接購入して発送までを頼む方法
2つめ;日本まで届けてくれないサイトで購入して転送サービスを頼む方法


1つめの方法についてですが、最近アメリカの子ども服サイトでも日本まで直接届けてくれるものが増えたり、サイトによっては日本語対応までしてくれる事もあってずいぶん個人輸入のハードルが下がりました。
でも日本語対応までしていて、日本まで直接届けてくれても敢えて2つめの方法を選んだらいい理由があったりします。
日本語対応していると日本円で直接支払えたりもしますが、案外このレートがドルで買う時も悪かったりしますのでドルで買う方をお勧めします。あと日本語対応だと品揃えが悪くなったりして今一つだったりするのもごくまれにありますので注意が必要です。

2つめの方法ですが、転送業者さんを使う必要があります
私が利用しているのは、USAでお買い物さんです。
一番安ければ転送手数料(送料とは別にいる手数料の事)が9ドルですみます。
他に有名なのはスピアネットさんです。ここも手数料最安は9ドルです。

両社が利用されることが多い2社かと思います。どうしてかというと、両社とも会社がオレゴン州にあるからです。オレゴン州はアメリカの中で消費税がゼロである州のひとつです。
アメリカは消費税が州によって違うのでニューヨークに送ってもらうのとオレゴンに送ってもらうのでは支払う総額が違ってきます。高いところだと商品代金プラス8%くらいです。
オレゴンはカリフォルニア州の隣なので日本から比較的近いので配送料も抑えられます。
というわけでUSAでお買い物スピアネット2社が日本語が使えてわかりやすい転送業者だと思います。
でも最近もっと手数料の安い、shipitoが日本語対応になりました。最安で2ドル+送料で送ってくれます。
ただし複数ブランドからの買い物をまとめて送ってもらうには年会費か月会費などを払う必要がありますので料金体系については熟読が必要になってきます。

【どんなものを買うべきか】
まずはラルフローレンアメリカサイトでウィンドウショッピングをしてみてください。
日本からこの↑のリンクをクリックすると日本の公式サイトに自動で飛ばされそうになりますが、アメリカサイトが見たいんじゃーってことで出たポップアップメッセージは無視してください。もし日本サイトに飛んでも、ページの一番右下にラルフローレン.comに飛ぶというリンクがありますのでそこをクリックしたらアメリカサイトに飛びます。
次に日本の公式サイトと見比べてください。(今は通販はZOZOTOWNになっています)
さらに、日本サイトで欲しいものをピックアップしてから、もう1度アメリカサイトをみてください。
それで大体の買い物内容を決めてしまいます。
おすすめはダウンジャケットやオーダーメイドのポロシャツやこんなマザーズバッグです。


次にアメリカサイトでメールマガジンの申し込みを済ませておきます。
すると色んなお得クーポンがついたメールが送られてきますので、そのクーポンを見ながらいいタイミングで買い物をしてください。
待てる人は一番安くなるブラックフライデーを待ちます。11月の第4金曜ですよ。

そんな間に転送業者さんにも登録を済ませておきます。すると自分専用のアメリカ住所を頂けますので、それをラルフで買い物する時に入力します。

ラルフで買い物が終了したら、次に転送業者さんに買ったよと報告をしますので、あとは転送業者さんからの発送完了連絡を待つのみです。

これでもどんなもの買えばいいのかな?とか思った方は参考サイトさんがあります。
転送業者のスピアネットさんを利用された方はこんなものをこんなサイトで買ってますという報告ブログがスピアネットさんで公開されていますので是非参照してみてください。ラルフの購入報告もたくさんありますよ。
購入報告ブログ(スピアネット)

アメリカサイトではラルフだけでなく、日本から撤退してしまったオールドネイビー old navyやGAP、カーターズも安く買えますのでこの円高のチャンスを逃さず色々個人輸入してみてくださいね。

参照 ラルフローレン個人輸入体験記1
参照 おすすめアメリカ子供服サイト

というわけで私も今年また何か買ってしまいそうです。去年自分用に買ったボーイズのカシミアセーターがよかったので、また買うか、ポロシャツとか買おうか迷っています。

<個人輸入&転送業者使用記録>
2015年冬にアメリカから子ども服の個人輸入を行いましたので、その報告をしておきます。使い方などはまた今度詳しく書こうかと思っています。
(以前の記事も参照下さい;アメリカから個人輸入 転送業者とおすすめブランドについて
今回利用したのはラルフローレンのアメリカ公式サイトUSAでお買い物さんです。

最初に書いておきますが、2015年の時点ではラルフが一番お得に買えるのはブラックフライデーの前の時かなと思います。ブラックフライデーが始まると欠品が多くて、自分の欲しい物がほぼ無くなってるのでプレブラックフライデーが良いと思います。メルマガ登録でこの時期にお得な割引クーポンもありますのでブラックフライデーと遜色ないと思います。
それでは個人輸入と転送業者の使用記録です。

スポンサーリンク




style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-7756670022735553"
data-ad-slot="3422139425">



◎オーダーから発送までの流れ◎
・11月末にラルフローレンのアメリカ公式サイトでオーダーしました。
  ↓
・12月9日。ラルフローレンから商品が発送されました。(プレオーダー品があったため遅かったです)
  ↓
・12月15日。USAでお買い物さん(アメリカのオレゴン州にある転送業者)に荷物が到着しました。
  ↓
・転送業者さんに手数料・送料のお支払をしました。
  ↓
・12月16日。転送業者さんから日本に荷物が発送されました。
  ↓
・12月23日。日本の我が家に荷物が到着しました。

アメリカから7日で我が家についたわけですが、詳細を書くともっと早かったです。
アメリカのヤマト運輸の荷受けが12月16日で出荷が12月18日、羽田到着が12月22日でした。2日荷物を寝かしていたようなので、割とゆったりですね。まあ国際便なのでこんなものでしょうか。

◎実際かかった送料&手数料◎
今回、荷物の個数が多かったので、ちょっと手数料は大目にかかりました。どんだけ買ったんだって話ですよね…(笑)。ぶっちゃけていうと23点も買ってしまいました。でも小物とか込みですよ(言い訳)。
 
 <転送業者・USAでお買い物さんに支払った額>
 ・送料 83.84ドル (容積 28.20lb.の荷物のヤマトの送料です(燃料代込))
 ・手数料 32.6ドル (発送された箱がなぜか3箱に分けられたのと商品点数が多かったので高かったです)
  ⇒計116.44ドル
  銀行口座に円払いとPaypalによるドル支払の二通りありますが、今回は円払いにしました。
  この時の1ドル何円かというのはUSAでお買い物さんが決めるレートなので、一般の為替レートよりやや高めです。
  私の時には1ドル126円で、ニュースで流れるような為替よりか1ドルあたり3円程高いレートでした。
 
 <USAでお買い物さん以外に自分で支払った額>
 ・ラルフローレンに支払った額(内緒です(笑))
 ・関税・日本の消費税 11800円
 →これはヤマトが日本の自宅に荷物を持ってきた時点で支払うものです。
 関税はかかるものやかからない場合など色々ありますのでお気を付けください。簡易税率一覧

◎結局、お得だったの?

肝心なのはこれですよね。
今回必要だった物は子どものアウターです。こんな感じの定番の物です↓。

これ、楽天で輸入物だからちょっとお安いんですが、BUYMAでも18000円近く、日本の公式サイトや店舗で買うと37260円です。
私がこのダウンジャケットに支払ったお値段は79.20ドル=カードレートで9880円でした。安いですよね?
この時点で、30240円-9880円=20000円くらいお得です。USAでお買い物さんに払った手数料および送料については、これで元が取れました。
これはホワイトダックダウン60%、グレーダックダウン40%で洗濯機洗いも可能なので実用的でいいなと思って買いました。

そして関税分の元を取るつもりで買ったわけではないですが、他に買った物で元は取れています。
レディースの定番Vネックのセーター(カシミア混)を買ったのですが、16200円の定価でしたが非セール品でしたが8700円で買いました。そして以前の記事にも書きましたが、1番の衝撃価格はこの子ども用トレーナー。

この服に払ったのは9.59ドル=1196円でした…!!! 楽天でも6000円ですよ。これでお得感が倍増です。

他に私がおすすめするのは大人の女性用にラルフのボーイズの服を買う事です。
もちろん日本でもボーイズの服を買えますし、レディースより安いのでいいのですが、アメリカだとさらに半端なく安くなるからです。
大人の女性だと、ボーイズサイズのLもしくはMあたりでかなりゆとりがある着こなしができると思います。私も今回ボーイズのLサイズのコットンセーターを買いましたがジャストフィットでした。日本で15000円くらいですが今回8000円くらいでした。XLとかだと大人の男の人でも十分着られるサイズです。

ネット通販で怖いのは、ラルフローレンの偽物が結構出回っている事です。安すぎるのは偽物だろうけど、微妙に安いのは本物か偽物なのか私達では判断がつきませんよね。
それを考えると100%安心してアメリカ公式サイトで本物を買えるので、安心を買う意味でもお安いのかなと思います。

本当にこの時期のラルフは安くて西松屋価格なので、ついつい買い過ぎて、お得感がなくなる可能性がありますが、1枚買って長持ちするので、そういう面ではいいなと思います。前回4年くらい前に個人輸入でラルフの子ども用ジャケットを買ったのですが、今もほぼ新品同様の状態で下の子が着まわしています。
あと、個人輸入でどんと買ったら、この間たくさん買ったからしばらく買わないというストッパーにもなりますし。私は必要な物がある時にしか個人輸入はしなくて、買っちゃおっかなーという気持ちではしないので、その点安心かなと。しかし、ついで買いが多いですね…。今回も関税&消費税見て、あっ買い過ぎた…と思いました(笑)。

というわけで、私の個人輸入体験記でした。
ラルフの子ども服福袋なんかもこの時期ありますが、1万円出せば、自分の好みの物をアメリカサイトでかなりの量買えるので是非ご自分で個人輸入やってみてください。質問などありましたらコメント欄からお気軽にどうぞ。

----- ブログランキング参加してみました。記事が参考になった時には応援ポチっとお願いいたします。 -----


 ← LINEでブログの更新通知を受け取れます。

 ← ツイッターのフォローも更新情報がすぐに受け取れて便利です。

アメリカでの大セール時期がこの時期になりますが、アメリカサイトで買い物した場合、日本には送ってくれないブランドがあります。
そういう時には転送業者を利用します。
私が今回利用したのは、USAでお買い物さんです。
一番安ければ転送手数料(送料とは別にいる手数料の事)が9ドルですみます。
他に有名なのはスピアネットさんです。ここも手数料最安は9ドルです。

両社が利用されることが多い2社かと思います。どうしてかというと、両社とも会社がオレゴン州にあるからです。オレゴン州はアメリカの中で消費税がゼロである州のひとつです。
アメリカは消費税が州によって違うのでニューヨークに送ってもらうのとオレゴンに送ってもらうのでは支払う総額が違ってきます。高いところだと商品代金プラス8%くらいです。
オレゴンはカリフォルニア州の隣なので日本から比較的近いので配送料も抑えられます。
というわけでUSAでお買い物スピアネット2社が日本語が使えてわかりやすい転送業者だと思います。でもちょっと英語が出来るひとはもっと手数料の安い、shipitoがあります。ただし複数ブランドからの買い物をまとめて送ってもらうには年会費か月会費などを払う必要があります。

おすすめ子ども服ブランド(アメリカ版)

◎ギャップ GAP (日本への直接配達:可になりました!)
Baby Gap Gap Kids
言わずとしれたギャップです。

日本でもオンラインショップが出来、実店舗も多いですのでそうそうアメリカから輸入することはないんじゃない?とか思うかもしれませんが、アメリカだけの商品とか可愛いものが多くてサイトを見ているだけでテンションがあがります。
あと、セール以外でもメールマガジンに登録しておくと結構40%オフとかのクーポンコードとかがあるため、かなりお得に買えます。


◎ジンボリー (日本への直接配送;可能!)
Gymboree
知る人は知っている可愛くかつ丈夫なことで知られている子ども服ブランドです。
日本に正式実店舗はありませんので人とかぶりにくい洋服、かつセールになると全部50%オフとかになるので買いだめします。
あと1回買うとジンバックという割引券のようなものがいただけます。
ここもメルマガ登録でお得情報をゲットできます。


◎カーターズ (日本への直接配送;可能!)
carter's
このように可愛いスタイなどが有名ですが、パジャマがとにかく可愛くてアメリカ個人輸入の定番中の定番というか入門にもってこいだと思います。
楽天などでもスタイを打っていますが、格安なのはタグが切られたアウトレット品なので、そのお金を出せばアメリカで正規品を買うことができます。
ここもメルマガ登録しておけばお得クーポンなど配信してくれます。


◎Janie&Jack (日本への直接配送;可能!)
ジンボリーの高級路線です。
Janie & Jack
いわゆるお嬢様&お坊ちゃま風の服がたくさんあって、ここも見てるだけでわくわくします。


◎ラルフローレン (日本への直接配送;不可)
Ralph Lauren

ここもお嬢様&お坊ちゃま風のスタイルで王道をいく感じですよね。男の子にビッグポニーとかのポロシャツ着せると可愛いですよね。
日本もオンラインショップもあり、実店舗も多いですが、ラルフをアメリカから個人輸入するのは何しろ西松屋価格でラルフローレンの本物が買えるというお得さからです!
ラルフも偽物がネットショップに溢れれて、安すぎるのはちょっと怖いですよね。でもアメリカの公式サイトなら間違いなく本物でかつめちゃくちゃ安い価格でかえます。

このトレーナーなんかアメリカサイトで価格を見るとびっくりしますよ。一番安い時に10ドル切ってました… なので私は今回のブラックフライデーのプレセールでゲットしました。今は14ドルくらいですね。
ラルフもメルマガ登録しておくとクーポン情報などゲットできます。


◎J.Crew (日本への直接配送;可能!)  ☆☆私のいちおし!☆☆
J. Crew
以前は日本にも実店舗がありましたが、日本から撤退しました。私も買った事ありましたがユニクロのアメリカ版みたいな地味な印象でした。
アメリカでも事業不振でした。
ところが! デザイナーがジェナ・ライオンズにかわってからめっちゃおしゃれ! 今や、日本に復活してほしいブランドナンバーワンです!
シンプルでも高品質をめざし、かつジェナ・ライオンズのデザインがほんとおしゃれなんです。
アメリカでも奇跡の復活と言われております。

さらにウェディングドレスなんかも売ってて大人も見るだけでうっとりするサイトです。

ありがたいことに日本への直接配送が可能となっています。これから結婚式をする花嫁さんにもおすすめです。ただしウエディングドレスにつきフィッティングはどこかでした方がいいと思います。それか、大き目を買ってお直しするかですね。


というわけでお金があればたくさんほしい子ども服、でもよりお得に可愛いものをゲットするのに個人輸入おすすめです。
もし、個人輸入したいけど、わかんない!など質問ありましたら、コメントからでもどうぞお気軽に。
送料を抑えるためにお友達と共同購入などもいいかもしれませんね。
もし管理人と共同購入されたいという人がいましたらコメントください。つたないノウハウでよければお教えいたします。

----------------------------------------
スマホからのアクセスならLINEでブログの更新通知を受け取れます。
画面を一番下までスクロールさせて通知を受け取るボタンを押したら便利ですー

みなさま、ブラックフライデー始まりましたね。知っている方は知っている大バーゲン情報。高知にいても恩恵を受けられます。

11月第4木曜の次の日の金曜を指す言葉です。
アメリカで一斉にセールが行われる日ですので、ブラックフライデーと聞くと血も沸き立つ方がおられるかもしれません。
私も今回プレブラックフライデーにアメリカのサイトで買い物してしまいました。

いわゆる個人輸入です。

個人輸入ってハードル高いよね。とか思ってる方多いと思います。英語わかんないし。
また後日詳しく書きますが、今はアメリカのサイトでも日本語対応しているところや、日本語のサポートセンターがあるところ、また日本に直接配送してくれるブランドなども増えています。

といっても、私がもっぱら愛用しているのはラルフローレンのアメリカサイトです。
ここは日本に直接配送してくれない、かつ日本語対応してません。
でも要はサイトの商品を見て、カートに入れて、カードで決済するというのはふつうと変わりませんのでオーダーの難易度はそれほどではありません。
しかしアメリカの転送業者に依頼して転送してもらうというのがややハードル高いかもしれませんね。
今回私の利用したのはUSAでお買い物さんです。
ここはもちろん日本語でやり取りできるので転送作業なども簡単にできます。転送業者のアメリカ住所を宛先にして荷物を送ってもらって日本に転送してもらうだけです。

ブラックフライデーまで待つと確かに値下がりはするのですが、いい商品が品切れになる場合が多く、今回はプレブラックフライデーに買い物してしまいました。
以前円高で1ドル80円くらいの時にしこたま子ども服をラルフローレン以外にも買ったけれど、数年は服買わなくていいや…くらいの時がありました。今は1ドル120円越えなのでちょっとお得感は薄いですね。
でも女性もののポロシャツなんかセールで35ドルくらいでした。1ドル125円換算で4375円です。日本だと安くても12000円くらいします。

あと、日本で(特に楽天などのネットで)怖いのは偽物が結構な確率であるかもしれない、という事です。怪しいサイト(会社概要などを見ると日本人じゃない名前、振込先が日本ではないなど)で買うとあほらしいので、やっぱりアメリカの公式サイトで買ったら間違いなく本物なのでいいかと思います。

それに日本に無い商品もあったりして、特にcreate your ownという自分のイニシャルやポロマークの刺繍の色を変えたりできるカスタマイズの豊富さはアメリカならではです。



この可愛いマザーズバッグも日本ではイニシャルなどを入れられませんが、アメリカサイトではイニシャル刺繍を好きな色でいれられて、ものすごく可愛いバッグになります。
あと、マザーズバッグとして使いやすい、このポロのキャンバスバッグ。



こういうキャンバスバッグもカスタマイズできるので、私のように人と同じものは絶対いやーとか思ってる人には超おすすめです。

スポンサーリンク




style="display:inline-block;width:320px;height:100px"
data-ad-client="ca-pub-7756670022735553"
data-ad-slot="3422139425">


また個人輸入や転送業者についてはレビューします。とりあえず今日はここまで。

↑このページのトップヘ